結婚と恋愛感情

モリヤチャペル牧師 依田献・潤子

Sasagu とJunko のズッコケ夫婦塾 その⑤

今回で私たちのズッコケ夫婦塾も最終回となります。 そこで、最後はこれまでとは少し違ったアプ
ローチで、これから結婚を考えている方々へ書かせてもらいたいと思います。

恋愛→結婚?

 私たちの結婚観や恋愛感情についての情報源は、大抵はテレビドラマや漫画、またハリウッド映画が一般的です。そのために、結婚は素敵な出会いから始まり、燃え上がるような恋をしてから、と考えてしまいます。しかし聖書が教える価値観は、実は少し違っています。聖書で結婚するとは、「すべては良いお父さんから始まっていて、このお父さんが準備されるものは、すべて良いものである」ということをただ信じる事です。
 

 アダムとエバは、お互いを全く知らなかったのに夫婦になりました。しかし重要なのは、誰が二人を合わせたかです。リベカはイサクの顔も見ずに、故郷を捨てて結婚することを選びました。ヨセフとマリアは初めから結婚する事になっていました。しかも、大きな障害を乗り越えて結婚する決意をしたのです。ダビデのひいおばあちゃんになったルツは、ナオミの勧めを受け入れてボアズの妻になりました。
Junko は結婚するならば「自分を大切にしてくれる人」ではなくて、「奥さんよりも神さまを大切にできる人」と考えていました。なぜなら夫婦でケンカをしたり怒ったりしたとしても、きっと神さまは「妻を大切にしなさい」と夫に語ってくれるはず、と信じていたのです。良いお父さんが自分に必ず良いものを与えてくださると知っていたんですね。

結婚に必要なのは?

 結婚は、必ずしも恋愛感情があるから上手くいくのではありません。恋愛のストーリーの中心にあるのは、ある人に夢中になっている自分の感情と、恋をした相手の全てがキラキラしている状態です。この感情はすばらしいもので、決して否定しているのではありません。でも、この恋愛感情が結婚するための絶対条件ではない、と言う事をお伝えしたいのです。むしろ結婚に必要なのは、

「良い天のお父さんへの信頼」と、そこから育「愛」です。

 たとえ二人の関係が恋愛から始まったとしても、それが愛に変わり始める瞬間が訪れます。それは愛のテストです。自分の想像の中で作り上げた相手の理想の姿ではなく、相手の本当の人間性との出会いです。その人間性は、相手が育った環境の中で形成されてきたものです。洋服のたたみ方から運転の仕方。疲れている時の関わり方から喜んでいる時の関わり方まで。何をすれば喜び、 何をすれば悲しむのか。落第というものはなく、失敗しても諦めなければずっと受け続けることができるテスト。このテストを受け続ける時、二人の間に愛が成長していくのです。

 もし恋愛感情が幸せな結婚をする一番の秘訣であるなら、日本の芸能界やアメリカのハリウッド
で熱愛報道される方々は、世界で一番幸せな家庭を築けるはずなのですが、残念ながら現状はそう
ではないと思いませんか?

幸せになるって?

 マスコミでも取り上げられている、ある恋愛カウンセラーは「良い相手を選べば幸せになれると無意識に信じている事が落とし穴である」と言っています。その思い込みが強ければ強いほど、相手に大きな期待をかける傾向が強くなるとも。また「自分以外の誰かや何かが自分を幸せにするという事はない」とはっきり断言しています。それどころか、結婚後に普通に起こるような問題に直面した時に、結婚相手が幸せにしてくれる、と信じている人は「この相手を選んで失敗だった」と言う結論に達してしまうと言っています。
 同じ家庭で育った兄弟でも、性格がまったく違うし、生活スタイルも異なります。ましてや異性である結婚相手に最初から自分と同じ感覚を求めるのは、砂浜の中で自分好みの1 粒の砂を探すようなものです。むしろほとんどの夫婦がお互いの性格と正反対であることが多いと思います。それは相手が弱い時に、自分の強さで相手を支えるため。二人がまったく同じように動き、同じ視点を持っていたら、倒れる時も一緒になってしまいます。

最後に

 これまでの記事でも書かせてもらいましたが、私たちほど性格が違う夫婦はいないかもしれません。そんな私たちをここまで導き、繋ぎ、そして深めてくださったイエス様にただただ感謝しています。憐れみとは、受ける資格がないのに与えられるものですが、私たちの上に、特に Sasagu の上にどれだけこの憐れみが注がれたことか分かりません。今まで書いてきた事は、 私たちが実際に体験してきた事ですので、すべての方に当てはまるかは分かりません。でも夫婦に衝突や問題が起きた時、二人がその問題を〝自分の問題″ として神様の前に出て行けた事。その度に育まれた愛こそが私たち夫婦にとって大きな宝となってきました。
 私たちは「神様が始められた事は、神様が責任を取ってくださる」と信じています。そしてこれからもその恵みの中を歩ませて頂きたいと願っています。

こんな時こそ「ふれる」こと

モリヤチャペル牧師 依田献・潤子

SasaguとJunkoのズッコケ夫婦塾その④

最近いつ手をつないだ?

思いを伝えること、口からのことばはとっても大切なのですが、〝夫婦間でこそ大切″と実感しているのは…「ふれる」こと。スキンシップです。

 結婚する前…。恋をしている時は、ドキドキがいっぱいでしたよね。一緒に歩くときに手をつないだり、腕を組んだり。ドキドキしながらしていたちょっとした愛情表現が、結婚するといつの間にか「生活」が舞台になってしまい出番がなくなっちゃう。
 子どもが生まれてそれどころじゃないし、家でメークもしてないから、これ以上近づいて見ないで~!みたいなこともあったり。
 家族を守るための仕事なのに、日々の重圧でもう余力がないから、パートナーと関わるのもめんどくさい。
 子どももいるのに、もう若くないのに、恥ずかしくってそんなことできない、ってよく分からない変なテレが邪魔したり。

 子育ての知識として、「発達途中の子どもにとって親とふれあうことは、心や脳、知性の発達にとても必要なこと」

というのが最近脳科学の分野でも証明されてきて、いっぱい抱っこしてあげなさい、いっぱいハグしてあげなさい、と言われます。
 生まれたばかりの赤ちゃんは、誰かに抱っこされていることで精神が落ち着き、安心を基礎として心が成長していきます。

 でも、大人はどうでしょう?
 思春期を通り、成長していくにつれてなんか恥ずかしくなってしまい、「ふれない、ふれられない」毎日を過ごしていくようになります。


1日7回のタッチ!?

 あるアメリカの心理学の研究によると、

「成人が精神的に安定するためには、1日7回の愛情のこもったタッチ(ふれること)が必要」と結果が出されているそうです。

1日7回!!!

 大人でも、1日7回ふれられることがないと心の酸欠状態になる、ということですよね?これは、子どもとのふれあいや、友人や職場の仲間に「ポン」と背中を押してもらうことでも良いそうなのですが、夫婦の間でそれがなされることで、ストレス軽減につながると証明されているそうです。

女性だったら、ご主人に対して・・・

 ちょっと手をつないでみる。背中にふれてみる。思い切ってハグしてみる。
 それが恥ずかしかったら、肩を揉んであげる。
 隣に座った時にちょっとくっついてみる、だけでもOK。
 子どもにキスするなら、その勢いで、ご主人のほっぺにもチュってしてあげてみては?
 
 そして、ご主人からのアプローチがあったら、テレたり、今さらと拒絶したりせずに、受け入れることがとっても大切!

男性は奥様に・・・

 〝壁ドン″とか〝ハグ″とか恥ずかしくてできなくても、「頭ぽんぽん」ってしてみる!すると…世の中の女性がドラマにはまり、アイススケートの王子様に熱狂する理由が見えてくると思います。
 家事が終わって、ホッとしてテレビを見ている奥様の足をちょっとフットマッサージ。大抵の女性は、これで全ての怒りがふっ飛ぶはずです♪

 最初はテレくさくても、小さいことからぜひ試してみてください。

 好きな人にふれることって、その刺激が、肌の神経を通して一瞬で脳に上がっていって、重くなってる心が一瞬で「ドキドキ、うきうき♪」に変わる必殺技なんです。しかも、これはふれた方、ふれられた方、双方への効果ありですよ!

アフターコロナの時代に

 今、盛んに叫ばれているのが「ソーシャルディスタンス(社会的距離)」。人に近づかないように、触らないように過ごすうちに、無意識に人にふれることに抵抗感があったり、少し避けてしまうことが私たちの脳に刷り込まれているのではないでしょうか? 

 親が家に帰ってきて、「おかえり~!!」と飛びつこうとする子ども達に「待って!触らないで!手を洗ってからにして~!」と制止しなければいけない。学校に行っても「遊ぶときもお友達に近づいちゃいけないんだよ」と子ども同士で言わせてしまう不自然さ。

 こんな時代だからこそ、

せめて家の中ではいっぱいふれ合ってあげなきゃと思います。

そして子どもがストレスを感じているなら、大人もまた見えないところにどんどんストレスを溜め込んでいるはずです。

夫婦がふれあうことは、夫婦でいることの大切な潤滑油であり、醍醐味であり、そしてお互いのストレス緩和剤となります。

ぜひ、お試しあれ♪


コミュニケーションの方法

 モリヤチャペル牧師 依田献・潤子

SasaguとJunkoのズッコケ夫婦塾その③

 SasaguとJunkoにとって数多くあった障害物の1つがコミュニケーション。男兄弟で育ったせいか、それとも独特な性格のせいか、Sasaguは言葉のキャッチボールを学んできませんでした。それだけでなく、幼い頃から物事を理解すること(例えば、物の仕組みや目の前にいる人がどんな性格の人であるかを理解することなど)は、人一倍苦手だったので、女性の心を理解するなんて、外国語を学ぶことよりずっと難しいものでした。

 そんなSasaguに対してJunkoは、1から女心と言うものを教えていかなくてはいけませんでした。しかし、それを教わる必要性を感じていないSasaguにとって(自分のいる状況を全く理解できていない中で)伝えられる女心は、敵の急襲にしか思えなかったのです。

会ただ聞いてほしいという「女心」

 最初の頃は、(いや今も?)よくこんなことがありました。
 Junkoは、一日の終わりに、その日の出来事をSasaguに話します。その中には直面した問題やキツかった出来事などもよく含まれているわけです。
 Sasaguの知っている男の世界では、〝問題は解決するため″にあります。これは数学が大好きな少年の前に、掛け算の問題が出されるのと似ています。「2x2」を見ると、大きな声で「4!」と答えたくなるものです。
 男は問題を解決してなんぼなのでは?また、男は問題に直面した時にその真価が試されますよね。(男性の皆さん、そうですよね?え、僕だけ?)

 ところが、Junkoは、問題の解決を求めているのではなくて、〝ただ聞いてほしい″と思って話してることが多いのです。これを「女心」と呼ぶようです。
〝ただ聞いてほしい″というコンセプトをSasaguのシステムに入れるのは容易ではありません。例えば、整備工場に車を持って行って話だけ聞いてもらって帰ってくる人はいないし、車のタイヤがパンクしたら、そのパンクをした時の話をどんなにしてもタイヤを交換しないとどうにもならない、とSasaguは思ってしまうのです。
 
 これまで幾度となく、問題を解決しようとエンジン全開になっているSasaguに対して、「ただ聞いてほしいだけなんだけど・・・」と、半分泣きながらSasaguをさとすJunko。 そんなJunkoを見てふと我に返り、恥ずかしい気持ちでいっぱいになる、ということが繰り返されてきたのです。
 でもこの種のことは理解したから実践できるものではなくて、実践を続けることで、少しづつできるようになって行くんですよね。(泣)
 

会話を乗っ取る?

 私たちはマリッジコース(夫婦のためのワークショップ)を開催しています。その中の「コミュニケーションの方法」というトピックスの中で、〝会話を乗っ取る″という話しがでてきます。会話を乗っ取るとは、「聞き手」だったはずの人が、いつの間にか「語り手」になっているというものです。

 Junkoが何かを話したくて始めた会話が、途中からSasaguの話したいことを話し始め、それがだんだん盛り上がってきて、始めの会話がなんだったか分からなくなるようなことがよくありました。
 Sasaguはオタクと言えるほど歴史が大好きで、会話の中で少しでも歴史を匂わすような言葉を嗅ぎつけると、スイッチが入る癖があります。
 気が付いた時には、江戸時代からナポレオンがセントヘレナ島へ流された話まで広がり、Sasaguの大好きなテーマ「歴史は繰り返される」や、「勇気」がどれだけ重要であるかを熱く語り、しまいには、Junkoが興味なさそうにポカーンと口を開けて聞いているのを見て、逆に機嫌が悪くなってしまうのです。

 つまり、「聞き手」だったはずなのに、いつの間にか「語り手」になっていて、それが入れ替わったことにも気が付いていない、という何ともお恥ずかしい状況を作り出していたのです。これが〝会話を乗っ取る″です。笑

基本的にコミュニケーションとは会話

男性は家族や家を守るというDNAが神さまから与えられています。ですから、目に見える問題は、なんとか解決しようとするはずです。これは大切なことだと思います。

 しかし、これが会話になるとまったく次元が変わってきます。会話の中では、この「解決」という文字は、必要ないようです。辞書で「会話」を引くと、「二人以上の人が向かいあって話しあうこと。また、その話のやりとり」とあります。
 つまり、お互いに話をするだけ。一人が話し、一人が聞く。会話ってそんなシンプルなことだったんですね。(知らなかったのは、僕だけ?)

 夫婦の間がますます楽しくなっていくために、妻は、男である夫の習性を理解し、夫は、妻の女心を理解をしていく必要があるようです。夫や妻が自分のことを理解していないのではなくて、むしろ自分とはまったく違う種類の人間であって、最初から同じ価値観を共有していないことを理解していくことが、きっと二人の関係にとって大きな助けになると信じています。

夫婦のNGワード

 モリヤチャペル牧師 依田献・潤子

SasaguとJunkoのズッコケ夫婦塾その②

 毎日を一緒に過ごしている夫婦のケンカって本当に些細なことで始まりますよね?私は、いろんなわだかまりとか、不満とかを言わずに溜めておくよりは、口に出してしまった方がお互いスッキリすると思っているのですが、それでも言ってはいけないNGワードがいくつかあるようです。

「容姿」に関することば

 生まれ持って備わっている容姿は目につきやすいので、ケンカした時やふとした時に、ポロっと言っちゃいがち・・・。でも”努力しても変えられないこと”はNGワード。

 どんな人でも、何かしらのコンプレックスを感じているものです。「目が大きいね」と言われて傷つく人もいるし、「目が小さいね」と言われて傷つく人もいます。相手の容姿に関することばは、毒のついたトゲのようなもの。こちらは軽い気持ちで言ったとしても相手の心にグサッと刺さるんです。それが相手にとって「図星」の場合は特に、言い返すこともできず、深いところにこもって膿んでしまいます。じわりじわりと広がって、それをいつまでも「根に持って」変な時にポロっと出てくるのです。

 なので、相手の容姿を言う時は、必ず「ほめ言葉」バージョンのみにした方がいい気がします。例えば、 「目が小さいね」の代わりに「可愛い目だね」。「目が大きいね」の代わりに「目が綺麗!」のように。
 こう言い換えてあげると、相手のコンプレックスが少しずつ自信に変わっていく。あなたのことば一つで、相手を生かすことも、殺すこともできるんです。

「家族」に対することば

 相手のお父さん、お母さん、兄弟(姉妹)に対するちょっとした文句や評価、これNG。

夫「オレの母親、片付けができないんだよな」
そう自分が言うのはいいのですが、奥さんに「そうだよね~いつも片付いていないよね」と言われたら、何かカチンとくる。ムッとして黙るか、無意識のうちにお母さんの肩を持ってケンカに突入しているはずです。

 妻「私のお父さん、口が悪くてね・・・」
そう自分で言っていたとしても、ご主人に「俺もそう思ってたんだよ。本当、お義父さん、口悪いよな」って言われると何か納得がいかない。「あなただって口悪いでしょ!!」 「お父さんは本当は優しいんだから、知らないくせに言わないで!」気がつくとさっきまで自分が文句を言っていたお父さんを一生懸命守ろうとしている。

 たとえ、「そうだよね・・」と笑って同意していたとしても、心の底には何かしっくりこないものが残るのを感じたことありませんか?これもしばらく時間が経った後、変なタイミングで出てきます。まるで火山の噴火のように、見かけは静かでも、地下には熱いドロドロのマグマがしっかり流れてるんです。

 実は、家族のことを言われると、まるで”自分に「いちゃもん」つけられた”と感じてしまうからなんですよね。夫・妻が、もし、自分自身の家族をけなしていたとしても、決して気を許して、同調して文句を言わないように・・・。

 でも、反対に、あなただからこそ気がつく相手の家族の「良いところ」を見つけてみるのはどうでしょう?

「あなたのお母さん、いつもこういうの気にかけてくれてるよね。」 
「お父さん、口には出さないけど嬉しいんだね。」

「自分の家族がほめられた」=「自分がほめられた」となるのが人間の不思議な心理。 近いからこそ気がつかなかったことを褒めてもらったり、教えてもらったりするとあなたの株が上がります。

「いつも」

 夫婦間でも、子どもに対しても、ついついぽろっと言ってしまう便利なことば・・・「いつも」。実は、このたった3文字を発すると99%ケンカになるとっても危ないNGワード。

例えば、男性の皆さま。
「あなた、家では”いつも”ダラダラして、手伝ってくれないよね。」
と言った奥さんのことばに
「は?いつも?!いつもダラダラしてないし!ていうか、手伝ったことあるし!昨日(先週?先月?)手伝ったさ!」
・・・と思わず反論しちゃったことありませんか?

例えば、女性の皆さま。
今日あった出来事をご主人に話している時に、
「なんかいつも文句言ってるよね・・・」
とぼそっとつぶやいたご主人のことばに、
「は~~?!ずっと我慢してて、”一回”文句言っただけで!なんでいつもとかいう?!」
という感じでイライラ爆発・・・・

 「いつも」と言われると、今までやってあげたことや、配慮してきたことを「全否定」されたものとして受け止めるために、これを聞くとカチンときてつい反論してしまいます。

日本語の「いつも」には、
① 常に、ずっと (always, forever) ② 普段は、たいてい(usual)、の二つの意味があるそうです。

妻(夫)が②の軽めの意味で使っていても、夫(妻)が①の重い意味で捉えたら、どうやっても会話がかみ合いません。意見を言うはずの「現在」から、相手の「今までの歴史」にさかのぼって全否定してしまう。いいこともあったはずなのに、それもなかったことにしてしまう、パワーのあることばなんです。

だから、多くの場合は、
  自分が言っていたのと違うところで相手が怒っているんだけど?
  全部ダメなんて言ってない、なんで昔のこと言ってるの?
  ・・・という展開になってしまうのです。

 でも、つい言いたくなるこの「いつも」をこらえるだけで、「現在」の問題に対する意見交換ができるようになります。口からするっと出てきてしまう「いつも」。皆さんは言ってませんか?

 愛し合っている、すぐ近くにいるからこそ、不用意な言葉を避けて、二人がもっと楽しくなるコミュニケーションが取れるようになりたいですね。

夫婦の性格が違うって、良いこと?それとも悪いこと?

モリヤチャペル牧師 依田献・潤子

SasaguとJunkoのズッコケ夫婦塾その①

 よくメディアでも有名人の離婚の原因が性格の不一致と報道されることがありますが、実は、この「性格の不一致」による離婚が「DV」や「家庭を顧みない」などの理由をおさえて、日本での離婚原因のランキング1位になっているそうです。

 人間には、本来自分にない長所や考えを持った相手、自分の性格とは正反対の相手に惹かれる傾向があると心理学では教えているようですが、これは無意識に自分に足りない部分を相手に補ってもらおうとしているからだとか。

 結婚を考えているカップルや結婚したばかりの夫婦が、初めからこの知識を理解し共有できていたら、小さな争いが大きな争いに発展するのを少しでも防ぐことが出来るのではないかと思います。私たち夫婦もこの理解が乏しかったために、結婚したばかりの頃は、よく子どものようなケンカをしました。

 Sasaguは、幼い頃から思ったことや感じたことをすべて内側(頭の中で)で処理してきました。本当の意味での解決というよりは、現実を逃避する傾向があり、どんなにきつい事があっても寝ると翌朝はすっきり起きてくるようなタイプです。その反対にJunkoは、葛藤を言葉にして直接相手に伝えることで処理してきました。

 そんな正反対な二人が結婚し、ズッコケ体験記が展開していくのです。

 Sasaguは内側でいろんな思いを処理している時は、誰かに話しかけられることや、その時に何を考えているのか聞かれるのも苦手です。私たちが開催しているマリッジコース(夫婦のためのワークショップ)では、こういう人のことをハリネズミ型と呼んでいます。ハリネズミは危険を感じると丸くなってトゲトゲの針で身を固めますよね。Sasaguも同じように”近づかないで”オーラをバンバン発信します。すでに臨戦体制に入っているために、この時のSasaguはどんな思いやりや優しさのこもった言葉もすべて「攻撃」とみなしてしまうのです。

 しかし何でも直接解決したいJunkoは、それでは収まりがつかず、針をかき分けて中で隠れているSasaguを見つけようとします。マリッジコースでは、このようなタイプをサイ型と呼んでいます。サイは、怒ると突進してくることで知られていますよね。しかもその突進してくる勢いと力は本当に凄いのなんの!独身生活の中でSasaguが長い間楽しんできた現実逃避の時間が、歴史上初めて侵略される事が起きてきたのです。

 以前、こんな笑えるエピソードがありました。

 いつものようにハリネズミになっていたSasaguは、盛んに挑んでくるJunkoを避けるために、部屋に鍵をかけて閉じこもり一人でホッとしていました。しかししばらく経つとドアの向こう側でネジを開ける音がし始めました。あっけにとられて見ていると鍵のかかったドアノブがどんどん緩んでいき、それが完全に外されてJunkoが部屋に入ってきました。

 そのような状況の中でSasaguは、これまで体験したことがないほどの窮地に追い込まれましたが、サイ型のJunkoを通して心の中で誰にも開かれなかった「気持ちを表現する」という扉が少しずつ開いて行きました。不思議なもので、どんなに開かない扉でも開けたり閉めたりしていると次第に楽に開けれるようになっていくものです。もちろん「お互いへの愛情」という潤滑油が必要ですが。

 そんなあまりにも違いすぎる性格のために、それを「性格の不一致」として片付けることもできたのかも知れませんが、私たち夫婦はキツイところを通りながらも、お互いの存在と価値を認めることを学んできました。私たちは、これを「恵み」と呼んでいます。振り返れば、私たちの人生にはいつもこの「恵み」があります。

 男女はお互いの違いに惹かれ結婚するのですが、その違いゆえに摩擦や衝突を繰り返します。しかしゆくゆくはその違いが自分にない部分を補っているということを学んでいくのだと思います。 

スポンサー募集