v73 特集

私の見つけた本当の居場所

𩜙平名基喜さん

𩜙平名さん

家の外に居場所を求めて

私は、両親と妹の4人家族のクリスチャンホームで育ちました。私がまだ小さい頃、父の事業の倒産と自己破産により、両親は毎日喧嘩ばかりでした。クリスチャンなのになんでこんなことが起こるんだ、そう思う毎日。家は居心地が悪く、いつも家の外に『居場所』を見い出すようになりました。


家での出来事がきっかけで、私は知らず知らずの内に『自分を押さえつける』ことを覚えてしまい、お利口さんにして人に嫌われないようにと、いつも周りの目を気にして生きていました。中学生になり野球部へ入部。

それからは教会へ通わなくなり、家にいる時間も必然的に減って、家族との心の距離も離れていきました。

そして、自分の『居場所』を学校や野球部の仲間に求めていきました。たくさんの友達と多くの時間を共有し、楽しい思い出ができました。けれど、心の中ではいつも『みんなに受け入れられる自分でなければ』と思い、『いい奴』でいることで、自分の居場所を獲得しようとしていました。

その反面、本当の気持ちを偽る自分の事が大嫌いでした。高校3年生になり部活を引退後は夜遊びをするようになり、その頃から酒を覚えてしまいました。

飲酒運転で捕まり、友人も去って行った

大学に進学すると、私の生活はさらにすさんでいきます。『自分のしたい事だけする』という考えしか無く、自分自身も大切な家族のことも見えなくなっていました。

毎晩友達と居酒屋やクラブに行き、朝まで遊び呆け、家には寝に帰るだけ。大学の授業もほとんど寝て過ごす状態です。大学3年生の時、ついには飲酒運転で捕まってしまいました。しかし、罪悪感は全く無く『何で俺だけ見つかったんだ』という思いでした。

両親が迎えに来てくれましたが、母は「もうこの子は刑務所に入らないと更生しない」と嘆いていました。

家に帰り、今後について話し合いました。父から「自分で犯した事だから自分で責任を持って解決しなさい」と言われ、罰金30万円を銀行から借り入れし、毎月のバイト代から返済するという事になりました。

しかし、大変な事を起こしたにも関わらず、夜はいつも通り友達と遊びに行くという手に負えない始末。免許証も停止されていたので、都合のつく友達を誘っては迎えに来てもらう。とにかく家に居たくなかったことと、友達を離れて一人になるのが怖くてたまりませんでした。

そして、今度は自分の身勝手な行動から、高校から一番仲の良かった友人の心を傷つけてしまいました。みんな私から離れていき、とうとう独りぼっちに。「このままじゃダメだ、俺は何がしたいんだ」と思い悩んでいました。

今思うと本当に自分勝手で、神さまから遠く離れた存在だったという事がわかります。

被災地ボランティアと妹の存在

そんな時、2つの大きな出来事がありました。一つは、大学で知り合った友達が私の現状を見かねて、宮城県の被災地ボランティアに誘ってくれたことです。

現地で受け入れてくれた団体は、キリスト教の団体でした。久しぶりに教会に行き、幼い頃のことを思い出し、懐かしく感じました。また、被災者の方々との出会いを通して、生きる意味や自分の存在について、考えさせられる大事な時となりました。

もう一つは、同じように放蕩していた妹がイエスさまに立ち返った事です。妹はいつも母と口喧嘩をしていましたが、ある時期から母と仲良く会話をするようになりました。朝には私以外の家族で祈るようになり、私は横目で「何くだらない事をやってるんだ」と思っていました。

家族から聖書の話を聞いても、イエスさまが十字架で死んだ後に復活したなんて馬鹿馬鹿しくて信じられません。しかし、妹がどんどん変わっていく行く姿を見て、『俺も変われるなら、変わりたい』と思い、少しずつイエスさまを求めるようになっていきました。教会にも気が向いたら顔を出しました。

しかし、二日酔いで行っては、後ろの席でぐったりしている、そんな状態でした。ある日、妹に誘われて同世代のクリスチャン達との交わりに参加しました。そこにいた全員が、イエスさまの事を熱く語っていました。

「イエスさまを信じたら人生が変わった」「イエスさまって本当に凄い」彼らの語るイエスさまと、自分の知っているイエスさまにギャップを感じ、「イエスさまっどんな方なんだろう」と不思議に思いました。

その後も、彼らとの交わりに励ましを受けながら、飢え渇きが与えられていきました。

否定していたイエスさまの十字架と復活

大学4年生の8月、彼らと一緒に参加した超教派の集会でのことです。私は、そこでイエスさまと個人的に出会う体験をしました。イエスさまの愛が、汚い自分を波のように覆い尽くすという映像が賛美礼拝中に、心に浮かんできました。

その瞬間、イエスさまの愛が自分の心の深い所に注がれているということを『実感』しました。イエスさまの「十字架」と「復活」を否定し続けていた私にとって、イエスさまが本当に今も生きているということを初めて知った体験でした。

そして、『イエスさまの十字架と復活を否定し続けた心こそ罪だった』とはっきり自分自身の罪を認めました。すると、内側から感じたことのない喜びが沸き上がってきたのです。同時に、心の底から愛されていることを知り感謝で涙が溢れました。

その時「私の人生全てをあなたに捧げます」と心の中で祈りました。神さまにとって、自分は命を捨てるほど大切な存在であることを知ったその日から、イエスさまが私の『居場所』になりました。

献身の思いと自分の弱さの狭間で

イエスさまに出会いその愛に触れ「人生全てを捧げます」との祈りは、3日しか持たず、また夜の街へくり出してしまいました。しかし、以前のように心から楽しめない自分に気がつきました。毎週教会に通いながら、クリスチャンの友達や教会の方に励まされ、どうにか信仰を保っていました。

大学4年、周りの友人たちは精力的に就職活動をしている頃、私は何も決まらずにいました。一足先に妹が、「卒業したら神学校に行って神さまに献身したい」と言いだし、私はそんな道もあるのかと思っていました。

2015 年10月、教会の集会に参加した時です。集会を導いていた牧師先生が私に「祈っていると、神さまがあなたにこのみ言葉を伝えるように言われました」と次の聖書のみ言葉を語られました。

「実に、私たちは神の作品であって、良い行いをするためにキリスト・イエスにあって造られたのです。神は、私たちが良い行いに歩むように、その良い行いをあらかじめ備えてくださいました。」エペソ人への手紙2章10節

初めは、あまり気に留めてはいませんでした。しかし、その先生に再度「また神さまがこう語っていますよ」と同じみ言葉を伝えられ、どういう事だろうと祈って神さまに尋ねていました。

すると、賛美礼拝でイエスさまに出会い、泣きながら祈った日の事を思い出させられました。

そして、心の中で「あの時、私に人生を捧げますと祈ったよね?」と語られたのです。「そうだ、自分のためにではなく、神さまのために良い行いをしよう!」と献身して神学校に行くことを決心しました。

しかし、生活態度の変わらない私を両親が認めてくれるとは思えません。それに、神学校に行くには教会の牧師先生の推薦状も必要です。2016 年1月、神さまの導きなら道は開かれるだろうと思い、ダメ元で両親と牧師先生に話しました。

どちらも驚いた様子でしたが、神学校行きを認めてくれました。牧師先生は、私がまだ聖書のみ言葉に乏しく、信仰も幼い状態を考慮して全寮制の神学校が良いのではと、奈良県にある関西聖書学院を紹介してくれました。

弱さと向き合った神学生時代

同年4月、神学校のある奈良県に移り住みました。毎日規則正しいスケジュール管理の寮生活で、以前のような堕落した生活から離れることができました。

周りの学生たちも、将来献身者を目指す志の高い人ばかりです。たまに聖書のみ言葉や奉仕の方法について意見衝突することもありました。今まで、他者に自分の気持ちや意見を言わないようにしてきた私にとって、自分の弱さと闘う重要な訓練の時となりました。

2年生になり、地域の教会へ奉仕に行った時のことです。遣わされた教会は牧師のいない所で、教会の方に日曜日のメッセージをしてほしいと頼まれました。メッセージの奉仕は3年生からする事になっていたので、学校の先生に相談しました。

しかし、「仕方ないね、引き受けなさい」と先生のあっさりした返事にとても焦りました。それからはメッセージのため、必死にみ言葉に向き合うようになりました。しかし、奉仕をするたびに学業との忙しさで疲れ果て、いつしか無気力になってしまいました。

「神さま、もう自分にはできません。あなたがお語り下さい」と心の中で祈ると、言いようのない平安が与えられ、今まで自分の力で頑張っていたことに気づかされました。

神さまに全て委ねて奉仕に取り組むことを学び、以前より心が軽くなりました。卒業する頃先生から「あなたはみ言葉に養われましたね」と言われ、神さまの恵みに感謝しました。

神学校卒業式


神学校での3年間で特に学ばされたのは、まだ教会のない地域に対する伝道の重要性です。学校の祈り会で、自分の生まれ育った沖縄の中でも、本島北部に対する神さまの憐れみを感じ、自分の意思とは関係なく涙しながら北部の為に祈ったことがあります。

なぜだろうと不思議に思い、後で北部の事を調べてみました。すると、沖縄には200 以上の教会があるそうですが、名護から北の地域にはほとんど教会がないということを知りました。

「北部に教会が必要だ」心の中で強い思いが込み上げ、この思いは神さまからのものだと受け取りました。

未伝地域への思いと若者の立て上げ

2019 年3月に卒業し、沖縄に帰ってきました。現在は教会で伝道師として仕え、同世代や自分よりも若い人たちの信仰を励ますことが今の自分の使命だと感じています。そして将来、北部へ宣教に行けるようにと神さまに祈っています。

以前の私は、自分を偽って生きてきました。しかし、イエスさまは私の全てをありのまま受け入れてくださり、愛されていることを知りました。本当に安心できる『居場所』イエス・キリストに出会い、偽る事をやめて自由になり全てが変わりました。

壊れた家族関係と父の事業は回復し、今では家族みんなで笑って話せることを神さまに感謝しています。これからは、こんな自分を愛し、死に勝利して復活されたイエスさまの事を証する者として生きていきたいと思います。

神の恵み選ぶ時

大城雄貴さん

大城さん

つまらなかった教会

私は、母に連れられ3歳頃から教会に通っています。同い年の友達がたくさんいたので、幼い私にとって教会は毎週遊びに行く場所でした。

しかし、礼拝中は静かにしていなけれならず、堅苦しい話を聞くつまらない場所でもありました。イエスさまの事も、頭では理解していても、本当に信じてはいなかったかもしれません。

中学に入学した頃、教会でギターの奉仕をしている方に「ギター弾いてみない?」と誘われ、それから毎週教会で練習するようになりました。上達してくると賛美チームの奉仕に加わり、バンドで賛美の奉仕をするのはとても楽しい時間でした。

しかし、それ以外は相変わらず教会はつまらない場所でした。しばらくして、教会のお姉さん達が、ファイヤータイフーン(以下FT)という若者の賛美集会に連れて行ってくれた時のことです。

そこでは、若者たちが飛び跳ねながら神さまを賛美して大声で激しく祈っていました。当時の私には、とても衝撃的な光景でした。今までそんな風に神さまを賛美したことも、祈りを捧げたこともありません。いつも嫌々礼拝に参加し、定型文のような祈りを捧げていたからです。

FTに参加するようになって、もっとイエスさまの事を知りたいと思い始めました。徐々に教会での礼拝も楽しくなり、心から神さまに祈るようになりました。

肌で感じた神の愛

毎週木曜日にある祈り会に参加した時のこと。祈っているとなぜか涙が溢れてきたのです。それはどんどん溢れて自分では止めることができません。悲しいわけではなく、とても平安な気持ちが心に満ちていました。

天のお父さんと、イエスさまに抱きしめられている様な感覚に覆われ、神さまの大きな愛を肌で感じました。生ま
れて初めて、イエスさまが私の罪のために十字架に掛かって死んでくださったんだと確信した瞬間でした。

この出来事をきっかけに、心から神さまに喜ばれる事をしたいと思うようになり、友達と遊ぶことよりも教会を優先するようになっていきました。

高校生の頃は、たばこやお酒などの誘惑がありました。友達にはノリの悪い奴だと思われていたかもしれません。

でも、神さまに喜ばれる事は何かを考え、そのような誘いは断っていました。

礼拝に行けない葛藤の中で

高校卒業後、県内の大手スーパーに就職。仕事の忙しさから、以前のように教会へ通えなくなってしまいました。教会での賛美の奉仕も参加できず、もどかしさを感じていた時。

牧師先生が「日曜日以外でも来れるときに来ていいんだよ」と言って下さり、少し楽になりました。聖書を読み、このみ言葉に励まされました。

「だから、神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えら
れます。」マタイ6章33節

これからは自分で神さまを選ばなければいけないと気づかされ、仕事終わりや平日休みの誰もいない時に教会に行っては、一人で聖書を読み祈りました。しかし、お店の忙しい日曜日は簡単には休みを取れません。就職してから日曜礼拝に行けない時期が3年程続きました。

このままではいけないと思い、月に1度でもいいからと、日曜日に休みの希望を出してみました。何度か希望を出していると、店長から「大城くん、毎回日曜日に休みの希望出してるけど、どうして?」と聞かれました。

「僕はクリスチャンで、日曜日の朝は礼拝に参加したいので」と答え、後日店長から「日曜日は礼拝が終わってから、午後の出勤にしてはどうか」と提案を受けました。「礼拝に参加できるなら是非」と本当に感謝しました

職場と教会で自身の高慢さを知る

会社でもたくさんの事を学ばされました。神さまが私の足りないところを訓練して下さったと思います。

大型店で3年間の研修期間を経て、別の店舗で売り場を任されるようになった時です。大型店でやってきたという自負から、ベテランのパートスタッフに対し自分の意見を押し付けるだけで聞く耳がありませんでした。案の定、パートスタッフの方々からの評判は悪くなってしまったのです。

自分がどんなに高慢になっていたか気づいた時、心から悔い改めました。少しずつでしたが態度を改め、皆さんの声を聞き、言葉遣いも気をつけるようになりました。

教会の奉仕でも同じで、高校3年生から賛美チームではリーダーを任されるようになっていました。そこでのメンバーに対する態度も良いものではなく。やってもらって当たり前、そんな風に思っていたのかもしれません。

しかし、当たり前ではないと気づかされた時、相手を敬う事の大切さを知ることができました。

さらなる思いを胸に転職

社会人6年目、教会では若者たちのリーダーも任されるようになっていました。その年から牧師先生は出張で教会を留守にすることが多くなり、先生の代わりに礼拝をリードすることも増えていました。

しかし、今の仕事のままだと日曜日を完全に教会のために使うことができません。「もっと教会に仕えられるように転職したい」そう祈っていましたが、なかなか道は開けそうにありませんでした。

そうした中、同じ教会のメンバーで建築関係の会社を経営している方から誘いを受け、そこで雇ってもらえることになりました。日曜日の礼拝には休みを下さり、教会を優先させてくださって本当に感謝しています。

また、4年前からいくつかの教会の若者たちで構成されたUNITYという集会でも賛美リードをするようになりました。転職してからは精力的に活動に参加して、今まで不定期だった賛美集会は毎月行えるようになりました。

今では50人以上の若者たちが一つになって祈り、神さまを賛美しています。そこでは、自分の教会を愛し、教会に仕えることをモットーにお互いの信仰を励まし合っています。

以前の私は、親や教会学校の先生に教えられるのが当たり前で、教会に通うのも神さまの存在も当たり前だと思っていました。職場や教会での経験を通し、へり下ることの大切さ、自ら神さまの恵みを選び取ることの大切さを知りました。

これからの信仰生活で、後輩たちにそのことを伝えながら、神と人とに仕えて行きたいと思います。

UNITYの皆さん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

SALT&LIGHT#8