SALT And LIGHT #18

英語のアフタースクール ジンブナーズ

代表者 佐久川政成さん

 グローバル化と少子高齢化が進む日本は、海外から多くの人財を受け入れるようになりました。そのため、将来的に英語力と異文化コミュニケーション能力は必須だと言われています。佐久川政成さんは、フィリピンやアフリカでの支援活動を経て、多くの子どもたちに英語を身につける環境を提供したいと、「英語のアフタースクール ジンブナーズ」を2020年に開校しました。キリストの愛を土台に行う教育支援は、子どもたちの好奇心と可能性を最大限に引き出しています。

教えない英語教育

 自身の英語力を生かし、英会話塾を開こうと考えていた佐久川さん。しかし、それでは英語習得率の低い学校教育と同じで本末転倒。悩んでいるところに、教会の牧師から「それなら学童をしてみては」との言葉に、放課後の3〜4時間を英語で過ごす環境を作るというアイディアが浮かびます。これがジンブナーズ開校のきっかけとなりました。


 ジンブナーズでは、英語を教えるのではなく英語を使って学ぶ教育方法を実施。あいさつから日常会話まで、すべて英語で行います。また、科学やアートなど、子どもの好奇心をくすぐるような楽しいプログラムを英語で学んでいきます。科学の専門的な難しい単語も、やる気満々の子ども達にかかればなんのその。子ども達の吸収力と成長スピードには目を見張るものがあります。


「子どもたちは本当にアメージングです!」と、佐久川さんは興奮気味に子どもたちのノート(全て英語で記載)を見せてくれました。科学実験の様子や自分の感じたことが書かれたノートには、学校で習うような定型文ではなく、実用的な英語の文章が子どもたちの可愛い文字でびっしりと書き込まれていました。


 そして、海外の方を招いての異文化交流では、異国の食文化や音楽に触れる時間などを持ちます。母国語の違う者同士がジェスチャーを交えながら英語で会話をし、心が通じ合う経験は、子どもたちにとって、とても貴重です。


 2021年には、OIST(沖縄科学技術大学院大学)から講師を招く機会にも恵まれました。最先端の研究者から、数学や環境問題について楽しく学ぶ、またとない機会となりました。

What do you think?

「What do you think?」(あなたはどう思う?)これはジンブナーズで大切にしていることです。

「教育『Education』とは、ラテン語の『引き出す』と言う言葉が語源となっています。子どもたちの考えや賜物(秘めた才能)を引き出すことを何より大切にしています」(佐久川さん)


 ディスカバリータイムという時間では、科学の実験や座らない算数など、体を動かして学びます。その後、体験した内容や自分の考えを英語で文章化するジャーナルタイムという時間を持ちます。最後に、プレゼンタイムで調べたことを英語で発表。学びの2割を先生が引き出し、残りの8割は子どもたちが主体で学ぶのがジンブナーズの実践学習スタイルです。

 学びを重ねていくと、先生が提供する課題だけでは物足りなくなるようです。そのため小学校3年生以上になると、自分たちで興味のある課題を見つけ、リサーチするための企画を考えていきます。専門家の方に自分たちで連絡を取り、課題に取り組んでいきます。


 最近では、マイクロプラスチックについて調べる計画を立て、専門家から学び、低学年の子どもたちにプレゼンをしたそうです。その姿には、教える側も驚きを隠せないのだとか。


「ただ教えられる教育とは違い、自ら考え行動を起こすことは、これからの時代に必要不可欠です」

代表の佐久川さん(右)スタッフと学童の子どもたちと一緒に

大切な心の教育はGospel (福音)にある

 素晴らしい知識やスキルは大切ですが、ジンブナーズではそれを扱う人の心も大切にしています。キリストの愛の教えを土台に、相手を思いやり愛することと、良い言葉を語ることを教えています。聖書のストーリーを話し、お互いのために祈る時間を持つこともあります。相手を思いやる言葉を英語で書き出し、実際に友達に言ってみるなど、ジンブナーズならではの方法でキリストの愛を実践しています。


 喧嘩が起こると、イエスさまの赦しのストーリーをシェアします。すると「I’m sorry」「It’s ok」と子どもたちは仲直り。Gospel (福音)の種が子どもたちの心に蒔かれています。


 また、ジンブナーズは小学生を対象としていますが、将来的には学童を卒業した中高生が集まるコミュニティの場も作りたいというビジョンがあります。「将来子ども達がイエスさまに出会い、本当のChangeMaker になってほしいと願っています」


 イエスさまは言いました。「子どものようにならなければ、天の国に入ることはできない。」子どものように好奇心にあふれた純粋な心で生きるなら、知らない世界を見いだし、新しい発見と驚きを体験するでしょう。水の上を歩くことだって不可能ではありません。


 ジンブナーズから本当に世の中の役に立つジンブン(知恵)を用いて、社会を変える人物が活躍する未来もそう遠くはないでしょう。

英語のアフタースクール ジンブナーズ
〒900-0011 那覇市上之屋1丁目7-17
TEL 098-953-4748

ジンブナーズHP https://www.jimbunas.org

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

v84特集