Daily Testimony(Web限定)#1

日常に隠れたイエスさまの祝福を探し出し、ほっこりしませんか。日々の証しを、家族や友人とシェアすると、私たちの内側から主の喜びが湧き上がります。笑いに涙に、何気ない会話の中にイエスさまは祝福を隠しておられます。

  • 悩みをイエスさまにゆだねた時(Hさん60代女性)
  • 息子のいやしの証し(Yさん30代主婦)
  • キャンプにお友達が来た(Eちゃん小学5年生)

悩みをイエスさまにゆだねた時(Hさん60代女性)

 私は、最近祈っていることが悩みの種になっていました。祈りながら「もう悩むのはイヤです、イエスさまあなたに預けます」と言って、悩むことをやめると決心しました。そうすると、心がとても晴々として平安になりました。

その日教会に行くと、ある女の子が不意に「あれ?髪切った?」と言ってきます。私は「いいえ」と答えます。

女の子「じゃあ、髪染めた?」私「いいえ」

女の子「なんかいつもと違う」私「何もしてないけど、どこが違う?」と聞くと

女の子は「なんだか、いつもよりキラキラしてるよ」と言うのです。

 イエスさまに祈ってすぐのことだったので、私の内側でイエスさまが本当に働いておられるんだと確信を与えられ、心から嬉しくなりました。今は、イエスさまに預けた祈りの答えを、期待しながら待ちたいと思います。

息子のいやしの証し(Yさん30代主婦)

先日、5歳の息子が「ママ、これ見てー」と手を見せてきました。その小指には大きなイボが!かなりの大きさで、表面にはうみが出てひどい状態でした。「なんで気づかなかったんだろう」とすぐに自分を責めました。

 急いで皮膚科へ向かうと、窒素で焼いて取り除く事になりました。私も小さい頃に経験しましたが、とても痛かったのを覚えています。息子にこんな思いをさせるなんてと、心が罪悪感で押しつぶされそうでした。幸い、治療中の嫌がる事なく痛みにこらえる息子の成長した姿に励まされました。お医者さんから、ウィルス性のイボとの診断結果で治療は長くかかると言われました。

「祈るしかない!」

と心の中で強く思い、イボが完全に治るように息子と祈りました。2日ほどたって息子が「ママ見て、手がきれいになってるよ」と手を見せてきました。なんと、手にあったイボと治療の跡がとても小さくなっていました。

 一週間後、診察に行くとお医者さんも「あれ?イボはどこにいった?」ととても不思議そうな顔をしています。「このタイプのイボがこんなにはやく治るなんて奇跡的ですよ」と仰いました。そして、次の一週間で完全に肌がツルツルになったら、もう来なくても良いと言ってくださいました。

イエスさまの癒しと祈りの力に改めて、驚きと感謝に溢れた体験をしました。息子も祈って癒されたことで、とても嬉しそうでした。

イエスさまに感謝と栄光をお返しします!

キャンプにお友達が来た(Eちゃん小学5年生)

夏休みに入ってすぐ、教会で子どもキャンプがありました。コロナで、ほとんどの友達はキャンプに来ることが出来ませんでした。でも、今まで一度も参加できなかった子が、初めてキャンプに来てくれました。私は、その友達がキャンプに来れるようにいつも祈っていたので、とても嬉しくてイエスさまに感謝しました。その子とたくさん遊んで、夜遅くまでお話しして、とっても楽しいキャンプになりました。

次は、お友達みんなが教会に来れるように、イエスさまにお祈りしています。

次は、あなたの証しを誰かにシェアしてみてください。皆さんの日々にイエスさまの恵みと祝福が豊かにありますように。

God bless you

前の記事

SALT And LIGHT #19